キャンプ・登山

世界遺産富士山に登ってきた!①【須走ルート】山小屋に一泊して頂上でご来光を見る王道コース

キャンプ・登山

こんにちは、たぬこです。

皆さんは「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」という言葉をご存じですか?江戸時代から富士山に対し言われている言葉らしく、その意味は

日本一高い富士山に一度も登らないというのは馬鹿げたことだ。しかし退屈なおもしろくない山だから二度も登るのも馬鹿げたことだ

引用:趣味人俱楽部公式サイト 日記/富士山

※「登るのが大変」「お金がかかる」という説もあります。

そこで今回は、先日(2021年7月末)「二度登る馬鹿」になった私が、ゆるーく富士登山の流れをレポートしようと思います。

須走ルートで登った場合のまとめです。それでは早速ご案内!!

10:10 駐車場 到着

今回は登山友達と車で行ったので 須走多目的広場に車を停めます。


※7月上旬~9月上旬はマイカー規制が行われます。マイカー規制の期間は「須走多目的広場」が登山者用の駐車場として利用されます。この期間中は5合目まで臨時のシャトルバスが運行されます。

須走多目的広場
〒410-1431 静岡県駿東郡小山町須走484-116

シャトルバス乗り場の近くには「道の駅すばしり」があり食事や休憩ができます。
 【駐車料金:1,000円】

駐車場では係員さんの指示に従い下記の事を行いました。

  1. コロナ感染予防対策の体温測定とアンケートを記入
  2. [富士山保全協力金]を払う(基本1,000円)
  3. シャトルバスのチケットを買う(5合目往復1,830円)

これらが済んだらシャトルバスが来る時刻まで道の駅で休憩です。

10:30 道の駅すばしりで食事と休憩

道の駅すばしりのレストランで腹ごしらえをします。

ざるそばセット800円!おいしい!

登山用の水はここで買います。五合目からは200~700円と水がだんだんと高くなっていきます。(女性や体力に自信のない方は)4本以上は負荷になるのでお勧めしません。潰れる素材を選びます。
お手洗いも5合目以降は有料となりますのでこちらで済ませます。

自販機のお水つぶれるヤツ110円

11:00 シャトルバス に乗車

30分バスに揺られます。雨がぽつぽつと降ったりやんだりしていました。

時速20キロでゆーくりは走行します

11:30 5合目 到着標高2,000m

須走口5合目に、とうちゃ~く!

日焼け対策バッチリの怪しい人

緑を楽しみつつ、ひたすら登っていきます。

「こだまが出てきそう」と、ご機嫌に登っていきます。
景色を楽しめます

山の天気は変わりやすい!
雨が降ってきました。リュックカバーを装着レインウェアーを着用します。ズボンがないので、スパッツゲーター(砂除けの為足に着けるカバー)を着用し雨除けにしました。

スパッツゲーター、ルーズソックスみたい!と喜ぶアラサー女

13:14 6合目 到着 標高2,400m

休憩と水分補給をこまめに取り、やっと6合目に到着です!雲の上に出てきました。

見晴らしが爽快!

6合目から上には、溶岩や石可愛らしい植物も楽しめます!

一番最近の噴火は1707年 噴火は2週間続いたらしい。
小ぶりでかわいらしい植物たち

14:05 7合目 到着 標高3,200m

ここから一気に寒くなり、空気が薄く感じられました。軽い頭痛がしてきたのでペースを緩め、ゆっくり深く呼吸しながら登っていきます

杖もここから使い始めました。
本7合目(休憩所)まで、あと少し!

14:58 本7合目 到着標高3,200m

5合目から頂上まで休憩所がたくさんあります。トイレ(1度の利用200円が相場)や売店、座りやすいベンチやテーブルもあり快適です。もちろんベンチ利用のみでもいいので、家から持ってきたパンやおかしを食べました。

写真は撮っただけ

そしてひたすら登り続けます。

雲がほんとに美しい、二度目なので感動は程々

意識的に呼吸を深くしていましたが、後半息が上がってしまいます。本7合目からのペースをもっとゆっくりにするべきだったと反省。

反省中

16:30 本8合目上江戸館 到着 標高3,400m

本8合目の眺めはこの通り!天界のよう。

予約していた胸突江戸屋(上)に到着!受付を済ませます。一泊夕食と朝食(お弁当)で10,000円!

少々高いが仕方ない。

外観はこんな感じ

スタッフさんに案内され、寝袋のある好きなスペース(先客がいなかったので)を選び荷物を置きます。汗だくの服も着替えるスペースがあるのでお着換えします。


コロナ対策として

  • 寝床にビニールの仕切りがある
  • 枕のビニールで包まれ、使い捨てタオルをかぶせてある
  • 知り合いでなければ、1人分のスペースを空ける
  • 食事の時間をずらす

などの施策がされています。

トイレは1回100円、バイオトイレらしく匂いも気になりませんでした水道がない(消毒液はある)のでウェットティッシュが重宝します。お菓子、軽食、登山用品の物販もしてます。(チップスターを300円で買いました。)

綺麗に掃除されて、想像よりは清潔感あった。

ご来光を見に行く為、翌朝は2時半起きです。荷物の整理や準備は寝る前に済ませましょう!※深夜にガサガサと荷物の整理をしているおじさんと「うるせー」と注意するおじさんの小競合いがあったらしい。

17:00 山小屋での夕食

おかずはレトルトを温めたもの。空腹が一番の調味料!!空腹につき翌日の朝食のお弁当も食べてしましました。

左が夕食、右が翌日の朝食

19:10 就寝

疲れていたので、早めに寝れました。寝れない友人はダウンロードしてきたドラマを観ていたようです。寝る前にヘッドライトとスマホの充電をお忘れなく

夜トイレで起きた時に、外に出ると星と夜景がきれいでした。

後編へ続く

【後編】世界遺産富士山に登ってきた!①【須走ルート】山小屋に一泊して頂上でご来光を見る王道コース

コメント

  1. […] 【前編】世界遺産富士山に登ってきた①【須走ルート】山小屋に一泊して頂上でご来光を見る王道コース […]

タイトルとURLをコピーしました